規約


神戸市立六甲アイランド高等学校育友会会則
改正平成12.4.1
改正平成15.4.1
改正平成17.4.1
改正平成19.4.1

第1章  総   則

第1条 本会は神戸市立六甲アイランド高等学校(以下、「本校」という)育友会という。
第2条 本会は事務所を本校内に置く。
第3条 本会は家庭と学校の緊密な協力によって、生徒の健全な成長を図ることを目的とする。
第4条 本会は前条の目的を達成するため次の活動を行う。
(1) 本校生徒の健全育成に関する活動
(2) 本校の教育環境改善に関する活動
(3) 会員の研修と福利増進に関する活動
(4) その他、本会の目的を達成するために教育上必要な活動
第5条 本会の会員は次のとおりとする。
(1) 本校に在籍する生徒の保護者
(2) 本校に勤務する教職員

第2章  役   員

第6条 本会には次の役員を置く。
  (1)会  長  1 名 保護者
  (2)副 会 長  3 名 保護者(各年次から1名)
  (3)書  記  2 名 保護者2名と教職員若干名
  (4)会  計  2 名 保護者
  (5)会計監査  2 名 保護者
   上記の役員で本部役員会を構成する

第7条 本会には顧問を置く。顧問は校長、教頭、事務長とする。
第8条 本会の役員及び顧問の任務は次のとおりとする。
  (1)会  長  1 名 本会を代表し、会務を統括する。
  (2)副 会 長  3 名 会長を補佐し、会長に事故あるときは、その任務を代行する。
  (3)書  記  2 名 会務を記録し、文書処理等の庶務を担当する。
  (4)会  計  2 名 本会の会計事務を担当する。
  (5)会計監査  2 名 本会の会計事務の監査を行う。
  (6)顧  問  本会の運営全般に参与する。
第9条  本会の役員は、役員候補者選考委員会が会員中より各役務に適任と認める役員候補者を指名し、総会の承認を得て決定される。
第10条 役員の任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。役員は任期満了後も後任者が就任するまでは、引き続きその任務を行う。

第3章  機   関

第11条 本会には、総会、運営委員会、年次委員会、専門委員会を置く。
(総会)
第12条 総会は毎年1回開催し、会長が必要と認めたときは臨時に開くことができる。
第13条 総会は次の事項を審議する。
(1) 事業報告の承認と事業計画の審議
(2) 決算の承認と予算の審議
(3) 役員の選出
(4) 会則の改正
(5) その他必要な事項
第14条 総会は委任状を含めて会員の過半数の出席をもって成立し、議決を要する場合は、出席者の多数決による。賛否同数の場合は、議長がこれを決する。

第15条 本会の事業運営上必要と思われるとき、会長は臨時総会に代わる審議機関として、運営委員及び全年次委員によって構成する委員総会を開くことができる。
第16条 委員総会は、委任状を含めて構成員の過半数の出席をもって成立し、議決を要する場合は、出席者の多数決による。賛否同数の場合は、議長がこれを決する。
(運営委員会)
第17条 運営委員会は役員、各年次委員会及び各専門員会の正副委員長、顧問をもって構成し、会長が必要と認めたときにこれを開く。
第18条 運営委員会は本会の目的遂行に必要な次の事項について企画・立案し、実行する。
(1) 総会に提出する議案
(2) 総会において決議、承認された事項
(3) 各委員会から要請のあった事項
(4) その他必要な事項
第19条 役員候補者選考委員会の委員は、運営委員会によって選任される。
(年次委員会)
第20条 年次委員会は、各年次在籍生徒数の1/20程度の年次委員をもって構成し、当該年次担当教職員と協力して、当該年次に関する事項の円滑な運営に当たる。
第21条 年次委員は、運営委員会による委員選考委員会によって選任される
第22条 年次委員会には正副委員長を各1名置き、年次委員の互選により会長が委嘱する。
第23条 年次委員会は、委員長が会長の承認を得てこれを招集する。
(専門委員会)
第24条 専門委員会として、広報委員会、厚生委員会、文化委員会を置き、それぞれの構成員は年次委員の中から会長が委嘱する。
第25条 各専門委員会は、次の事項につい企画・立案し、実行する。
(1) 広報委員会は、会報等の企画・編集・発刊にあたる。
(2) 厚生委員会は、会員の福利増進に関することにあたる。
(3) 文化委員会は、会員の文化活動や生徒の健全育成に関することにあたる。
第26条 各専門委員会には正副委員長を各1名置き、当該専門委員の互選により会長が委嘱する。
第27条 各専門委員会は、委員長が会長の承認を得てこれを招集する。

第4章  会  計

第28条 本会の経費は入会金及び会費、その他の収入をもってあてる。保護者は生徒1名ごとに入会金・会費を納める。ただし、事情によりその金額を減免することができる。会費の減免は顧問の意見を聞いて、会長が承認する。
第29条 入会金及び会費の金額は総会の決議によって定める。
第30条 本会の会計年度は4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第5章  補  則
第31条 本会は、次の基本方針に従って運営する。
(1) 学校の人事、その他管理運営に干渉しない。
(2) 特定の政党、宗教に偏ることなく、またもっぱら営利を目的とする行為は行わない。
(3) 本会や本会役員の名で公私の選挙の候補者を推薦しない。
第32条 本会即の実施につき必要な事項は、別に細則を定めることができる。

附   則
会則は平成11年度から施行する。

附   則
会則は平成12年度から施行する。

附   則
会則は平成15年度から施行する。

附   則
会則は平成17年度から施行する。

附   則
会則は平成19年度から施行する。



バックナンバー