規約

■神戸市立福田中学校PTA規約■

第 1 章 【名  称】
 第 1 条  この会は神戸市立福田中学校PTAという。
       この会は事務所を神戸市立福田中学校に置く。

第 2 章 【目  的】
 第 2 条  この会は父母と教師が協力して,次のことを目的として活動する。
       1.子供の幸せを守るために,家庭と学校との緊密な連絡によって生徒を保護
         善導する。
       2.家庭と学校と社会における教育環境をよくする。
       3.よりよい社会を作るために,会員の教養を高め,成人教育を盛んにする。
       4.その他,本会の目的を達成するための事業を行う。

第 3 章 【運営方針】
 第 3 条  この会は教育を旨とする民主団体として運営する。
       そのための基本方針は次のようにきめる。
       1.教育,文化,福祉のために活動する団体,機関と協力する。
       2.学校の人事その他に不当な干渉をしない。
       3.特定の政党や宗教にかたよることなく,また自ら営利を目的とするような
         行動は行わない。
       4.会の名や役員の名で選挙候補者を推薦しない。

第 4 章 【会員の資格】
 第 4 条  この会の会員となることのできる者は,次の通りである。
       1.この学校に在籍する生徒の父母,またはこれに代わる保護者(以下
         「父母」という)
       2.この学校に勤務する教職員。

第 5 章  【経  理】
 第 5 条   この会の経費は,会費,寄付金その他によってまかなわれる。
 第 6 条   会費は月額400円とし,その経理は,総会の決定に基づいて行われる。
 第 7 条   この会の会計年度は,毎年4月1日に始まり,翌年3月31日に終わる。
 第 8 条   この会の経理は,会計年度終了後すみやかに決算を行い,会計監査を受け
        る。
 第 9 条   会計監査の結果は,総会で報告され承認を受ける。

第 6 章 【学 級 会】
 第10条  学級会は各学級の父母と,学級担任によって構成する。
 第11条  学級会の活動は,この会の運営方針に基づいて,次のことがらについて行
        う。
       1.年間行事計画できめられたこと。
       2.専門委員会、学年委員会で決められ運営委員会で承認されたこと。
       3.各学級が独自で計画したことで,運営委員会で承認されたこと。
 第12条  学級会に学級委員会を置く。
       1.学級委員会は,各学級で直接選挙された4名の学級委員と学級担任で構成
         する。
       2.学級委員4名は,いずれかの専門委員会に所属し,専門委員を兼任する。
       3.運営委員になった学級委員の補充はしない。
 第13条  学級会相互の連携を強めるために学年委員会を持つ。
       1.学年委員会は,各学級委員と学年主任によって構成する。
       2.正副委員長は,教師を除く委員の互選によってきめる。
       3.正副委員長は,学年を代表し運営委員会に参加する。

第 7 章 【役  員】
 第14条  この会全体の運営の代表責任者として、次の役員を置く。
       1.会 長  1名  父 母  
       2.副会長  3名  父 母
       3.書 記  4名(父母3名・教職員1名)
       4.会計 2名(父母1名・教職員1名)
       5.会計監査  1名  父 母
         役員は男女いずれか一方に偏しないようにする。
 第15条  役員の選出は、次の通り行う。
       1.12名の委員から成る役員候補者推薦委員会(以下「推薦委員会」とい
         う)を次の方法によって構成する。
       (1)父母の中から,次の通り10名を構成する。
        ア 教職員を除く本部役員7名。
        イ 各学年の委員長3名。
       (2)教職員の中から2名。
       2.推薦委員会は,各役員別に候補者を推薦する。
       3.候補者の推薦にあたっては,候補者の同意を得なければならない。
       4.推薦委員会からの候補者以外に各学級会から直接選挙された候補者を
         選出する。
       5.役員は総会において承認される。
       6.推薦委員の任務は,役員の就任をもって終わるものとする。
 第16条  役員の任期は1年とする。
       新たに役員が選出されるまで,役員は引き続きその職務を行う。
 第17条  会長は,次の職務を行う。
       1.会を代表して,いっさいの会務を統括する。
       2.総会及び運営委員会を招集して,会議の議長となる。
 第18条    副会長は,会長を補佐し,会長が欠けたとき,または事故あるときは
         その職務を代行する。
 第19条  書記は,次の職務を行う。
       1.総会及び運営委員会の議事,ならびにこの会の活動に関する重要事項を
         記録する。
       2.記録,通信その他の書類を保管する。
       3.会長の指示に従って,この会の庶務を行う。
 第20条  会計は,次の職務を行う。
       1.総会で決定した予算に基づき,会長の指示に従って,いっさいの会計事
         務を処理する。
       2.予算の立案に協力する。
       3.会計簿を保管し会員の閲覧に応じる。
       4.会計監査を受けて全員に報告する。
 第21条  会計監査は、次の職務を行う。
       1.会計監査はその結果を会長に報告する。
       2.会計年度終了後は速やかに会計監査を行い,その結果を総会に報告する。
 第22条  この会に顧問を置くことができる。
       1.顧問は運営委員会の承認を得て,毎年新しく会長が委嘱する。
       2.顧問は会長の要請によりその詰問に応じ、必要あるときは総会及び各委
         員会に出席して意見を述べることができる。

第 8 章 【専門委員会】
 第23条  この会の専門的なことがらについて調査研究立案し,または実施するため
       に専門委員会を置く。
       1.厚生委員会  福利厚生及び生徒の保健衛生に関すること。
       2.生活委員会  生徒の生活の補導及び救済援護に関すること。
       3.文化委員会  会員の教養と文化向上に関すること。
       4.施設委員会  学校施設の充実に関すること。
 第24条   各専門委員会は,会長の委嘱による委員と教職員の代表によって構成する。
        正副委員長は,教師代表を除く委員の互選によってきめる。
 第25条   特別なことがらについて必要あるときは,特別委員会を設けることができ
        る。
 第26条   校長は,各委員会に出席して意見を述べることができる。

第 9 章 【運営委員会】
 第27条  運営委員会の仕事は次の通りである。
       (1)会の仕事の全計画をたてる。
       (2)各委員会から提案された事業計画を審議検討する。
       (3)専門委員会相互間の連絡調査を行う。
       (4)総会に提出される議案を調整する。
       (5)必要あるときは特別委員会を設ける。
       (6)その他必要な事項を処理する。
       1.運営委員会は,役員,各専門正副委員長,各学年正副委員長,校長及び教職
        員代表によって構成される。
       2.特別委員会が設けられているときは,その正副委員長も参加する。

第 10 章 【総  会】
 第28条  総会はこの会の最高決議機関であり,全会員をもって構成する。
 第29条  役員の選出,会の予算,決算,年度事業計画その他重要なことがらは,すべて
       総会にはかってきめる。
       1.総会は定期総会と臨時総会とに分ける。定期総会は毎年年度当初なるべく
         早い時期に開く。臨時総会は運営委員会が必要と認めたとき,または会員
         の十分の一以上の要求があったときに開くことができる。
       2.総会の議決は,出席した会員の過半数できめる。

第 11 章 【補  則】
 第30条  この会の規約を改めるときは総会にはかる。
 第31条  この規約の他にきめる細かな規定は,この規約の基準に従って,運営委員会で
       きめることができる。

 ◇組織図は省略◇

 ※平成16年4月1日  一部改正
 ※平成22年4月1日  一部改正
※平成24年1月21日 一部改正
※平成28年2月16日 一部改正




バックナンバー